シミに効くロスミンローヤルは肝斑にも効果があるの?

 

肝斑は治りにくいシミの一つです。
ファンデーションやコンシーラーで毎日隠すのが大変…という女性もいるでしょう。

 

シミや小じわに効くと評判のロスミンローヤルが、肝斑にも効果があると嬉しいですよね。
どうやら肝斑の女性にも、ロスミンローヤルは選ばれているみたいですよ。

 

肝斑とは?

「自分のシミって肝斑なの?」という方のために、肝斑について少し説明します。

 

肝斑の特徴

肝斑は左右対称にできるのが特徴です。
頬骨あたり左右対称にシミができているなら、肝斑の可能性が高いでしょう。

 

色は薄茶色や灰色っぽい感じです。
片方にしかないシミは、肝斑ではないと思われます。

 

肝斑の原因

肝斑は10代や20代など若い世代よりも、30代以降の中年女性に多くみられます。
これはホルモンバランスの乱れが起きてくるためです。

 

シミは紫外線や摩擦などのダメージにより発生しますが、肝斑はホルモンが大きく関係しているんですね。

 

妊娠中や生理中に肝斑が濃くなったり、更年期に肝斑ができ始めることもあるのは、ホルモンバランスが乱れているからなんです。

 

肝斑を改善する方法

肝斑は内服薬で治療をすることが多くなります。
美白効果の高いトラネキサム酸、L-システイン、ビタミンCなどの薬が処方されます。
2か月くらい服用すると、効果が出てくることが多いようです。

 

そのほか美白化粧品やピーリングでケアをすることもあります。
シミというと皮膚科でのレーザー治療を思い浮かべる方もいるかと思いますが、肝斑の治療には使われていないようです。

 

ロスミンローヤルの肝斑への効果

ロスミンローヤルの成分を見ると、肝斑のケアもできることがわかってきます。

 

L-システインとビタミンC

ロスミンローヤルには美白成分として、L-システインとビタミンCが配合されています。
これは肝斑の内服薬にも含まれている成分です。

 

L-システインはアミノ酸の一種で、ビタミンCと一緒に摂ることでメラニンの生成を抑えたり、メラニンを排出しやすくしてくれます。

 

どちらも食事で摂ることはできますが、十分な量を食べ物のみで補うのは困難です。
ロスミンローヤルのような医薬品で摂取をするのが有効的です。

 

9種類の生薬と13種類の有効成分

ロスミンローヤルには、シャクヤク、センキュウ、ソウジュツ、ニンジン、トウキ、ハンゲ、タクシャ、ブクリョウ、ローヤルゼリーの生薬が配合されています。

 

血行を良くしたり新陳代謝を良くしたりする作用がありますが、ホルモンバランスを整える効果もあります。

 

肝斑の原因は、ホルモンバランスの乱れ。
ロスミンローヤルの有効成分でホルモンバランスが整えば、肝斑の予防、改善が期待できます。

 

生活習慣にも注意

肝斑はホルモンバランスが大きく影響しています。
ホルモンバランスを整えるには、普段の生活習慣にも注意をする必要があります。

 

規則正しい生活をする

早寝早起きを心がけ、規則正しい生活を目指しましょう。
特に睡眠不足にならないようにしてください。

 

栄養バランスに気を付ける

栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。
ファーストフードばかり食べていたり、お菓子を食べ過ぎるのは良くありません。
野菜を積極的に摂り、甘いものが欲しい時はフルーツにするのがおすすめです。

 

ストレスをためない

ストレスは自律神経を乱します。
ホルモンバランスが崩れる原因となりやすく、上手にストレス解消をするようにしましょう。

 

肝斑のケアは早めに始めよう

ロスミンローヤルは肝斑のケアにも向いている医薬品と言えます。
毎日3錠を食後3回飲むことで、肝斑が気にならないお肌を目指せるでしょう。

 

また、ロスミンローヤルは、シミだけでなく小じわにも効果があります。
肝斑と小じわケアが一緒にできるのはとても嬉しいですよね。

 

ロスミンローヤルの口コミと効果は?23人の口コミをまとめてチェック!